• TOP
  • NEWS
  • 【住宅ローン】借りれる額と返せる額は違います!

News

【住宅ローン】借りれる額と返せる額は違います!

2024年1月11日 - すべて

ハウスメーカーの言うフラット35であれば年収の10倍まで借りれます!

住宅ローンの借りられる額と返せる額が異なることを理解することは非常に重要です。

一般的に、銀行や金融機関は年収や資産、信用履歴を基にして、ある程度の金額まで住宅ローンを貸し出すことを承認します。

しかし、これが実際に返済できる額と同じだとは限りません。

実際に返済できる金額を考える際には、住宅ローンの返済だけでなく、光熱費等、特にこれからの時代は電気代も考慮に入れる必要があります。

また、将来的な収入の変動や家族構成の変化など、長期にわたって発生する可能性のある変化も考慮することが重要です。

したがって、「借りられる額」とは、あくまでも最大限の金額を意味し、経済的な状況や返済能力に基づいた金額です。

一方で、「返せる額」は、実際の生活状況や財政計画に基づいて、無理なく続けられる返済額を指します。

住宅ローンを検討する際には、この両方をバランス良く考え、経済的に無理の無い支払い額を決めて行くのがティーズ工務店の考えです。