• TOP
  • NEWS
  • 新築住宅を建てる際に検討するべきUA値について

News

新築住宅を建てる際に検討するべきUA値について

2024年1月14日 - すべて

UA値(熱貫流率)とは、建築物の外壁や屋根、窓などの断熱性能を数値で表したものです。この値が小さいほど、熱の流出入が少なく、断熱性能が高いことを意味します。

つまり、エネルギー効率の良い快適な住宅を建てるためには、低いUA値を目指すことが重要です。

新築住宅を建てる際にUA値を検討する際のポイントは以下の通りです:

断熱材の選択:断熱材はUA値を大きく左右します。より断熱性能の高い材料を選ぶことで、UA値を低く保つことが可能です。

窓の選択:窓は熱の出入りが多い部分です。二重窓や高断熱のガラスを選ぶことで、UA値を改善できます。

気密性の確保:隙間からの熱の流出入もUA値に影響します。建物の気密性を高めることで、熱損失を防ぎます。

構造設計:壁や屋根の構造、家全体の設計もUA値に影響を与えます。断熱性、気密性、室内空気循環を考慮した設計が重要です。

地域の気候条件:寒冷地域では特に低いUA値が求められます。地域の気候に合ったUA値を目指しましょう。

UA値を適切に管理することで、冷暖房費の節約、居住者の快適性の向上、そして環境への配慮が可能になります。新築住宅を建てる際は、これらの点を考慮して、最適な断熱性能を実現することで省エネで快適な新築住宅が建てられます。

ティーズ工務店は、高性能(UA値0.6以下)な新築住宅を建てる高崎市の工務店です。